外壁塗装 適した季節

外壁塗装に適した季節はいつなの?

 

外壁塗装をする場合、一番適した季節、時期はいつだと思いますか?
これまで私は、外壁塗装に一番適した季節は夏だと思っていました。

 

 

夏

 

 

夏の日差しで塗料がきちんと乾くから一番良いだろうと。
それが素人考えなのだとわかったのは、業者と打ち合わせをしてからでした。

 

 

 

これから夏本番なので、塗装するには一番良い季節ですよね?

 

いえ、実は夏の季節よりも気温と湿度が重要になってきます。
気温と湿度が高いと塗料が乾く以前に溶けてしまうので、良くないのですよ。

 

そうなのですか?知りませんでした。
てっきり夏であればスグに乾くので問題ないかと・・・。

 

今は塗料の性能が高くなっているので、夏でも冬でも大抵の季節は問題ないのですが、気温と湿度だけは気にした方が良いでしょうね。
観測史上初の・・・という異常気象が毎年ありますので。

 

季節はそれほど関係ないのですね。
それよりも気温と湿度が外壁塗装を見なければいけないと言うのは、素人では全く考えつかないことです。

 

ここでちょっと疑問がでてきます。

 

実際、気温と湿度はどのくらいを見ておけば良いのだろうか?

 

知りたくないでしょうか?その気温と湿度を。

 

夏でも冬でも大抵の場合は大丈夫だとしても、どれくらいなのか知るだけでも違います。
調べてみると塗装ができないか、仕上がりが著しく悪化する気温室温が、下記になることがわかりました。

 

 

  • 気温が5度以下
  • 湿度が85%以上

 

実際この気温と湿度に該当するのは何月になるのでしょうか?

 

 

2014年東京の平均気温、最低気温、平均湿度を見てみましょう。

 

 

東京の平均気温湿度

(※気象庁過去の気象データより)

 

 

東京に限定した気温湿度になりますが、これで分かることは、湿度で言うとどの月も問題なく、気温で言えば、12月から2月までは5度を下回っていることになります。

 

 

平均気温であれば、5度を下回る日はありません。

 

 

つまり大雑把に言えば、1年中、外壁塗装はできることになります。
それくらい今の塗料の性能は優れているのですね。

 

 

実際は、職人さんの作業効率も考えると12月、1月、2月は厳しいかもしれません。
そして塗料の乾きを考えれば、梅雨の時期は雨が降るので外壁塗装に適さない場合が多いでしょう。

 

 

外壁塗装ができる気温湿度のまとめ

 

外壁塗装は時期ではなく、気温と湿度で塗装できるかどうかが決まる。
気温は5度以下、湿度は85%以上だと塗装の出来が悪くなる。

 

これを頭の隅にに入れておくと、工事する時期について話す事ができますよ。

 

 

 

【ちょっと待って!本当にその塗装業者で大丈夫ですか?】


優良業者がわかるサービス


外壁塗装の費用が高すぎる!と思ったなら、工事依頼の前に他の業者から見積りを取って確認しましょう。特に訪問営業の業者が工事費用が高い傾向があります。

次のポイントに1つでも当てはまるなら、外壁塗装一括サービスを使ってみましょう。

  • 訪問業者が出した見積りが高すぎる。
  • 手抜き工事をされそうで怖い
  • 塗装業者の選び方がわからない
  • モニター価格で安くすると言われた
  • オリジナル塗料を使うと見積りに記載されていた
  • 数十万単位の値引きをすると言われた


利用料は無料ですし、連絡はスタッフさんからの電話1本のみです。

見積り依頼した業者からはかかってこないので忙しいあなたの時間が取られないのも魅力です。1分もかからず入力できるので、面倒臭くありません!


→ 優良業者がわかる外壁塗装サービス