家の外壁を確認しよう

家の外壁を確認しよう

外壁塗装を成功させるのは、業者選びの他に家の外壁を確認することも重要です。

 

主なポイントは下記の5つです。

 

  • 外壁の汚れがひどい
  • 壁の色が色あせてきた
  • ひび割れ、塗装の剥がれ
  • 鉄部分のサビの発生と腐食で脆くなっている
  • カビや藻が付着している

 

1つずつ見て行きましょう。

 

 

外壁の傷みを確認する5つのポイント

 

外壁の汚れ

【外壁の汚れ】

外壁の汚れがつくのは、塗料の防汚染性がなくなっている証拠です。

 

本来であれば、汚れを弾いて綺麗な塗装面を保持できるはずなのに、経年劣化でできなくなっているので水垢やホコリなどが付着し取れないのです。

 

 

外壁の色あせ

【外壁の色あせ】

色あせは、塗った塗料が太陽光線(紫外線)に当たり、塗料の光沢や潤いがなくなることを言います。

 

人も肌や髪が紫外線に当たるとパサつきますが、それが家の壁に起こった状態です。

 

 

 

外壁のひび

【外壁のひび】

外壁のひびは、私たち一般人が見てもっともよくわかる壁の劣化状態です。

 

髪の毛のような細さのひびはヘアークラックと言うのですが、場所によっては、雨水が侵入する原因にもなるので、早めの補修工事が必要になります。

 

 

外壁のサビ

【外壁のサビ】

サビもヒビと同様に一目で補修工事が必要とわかる状態です。サビをそのままにしていると、腐食が進行し、鉄部分がボロボロになって砕けてしまいます。

 

 

 

 

 

外壁のカビ

【外壁のカビ】

カビの発生をそのままにしていると、壁表面が黒くなり、見栄えがわるくなります。ジメジメした日陰の部分に発生します。放おっておくと外壁の防汚染性が損なわれるので、一層汚れが付いてしまう悪循環になるのです。

 

 

 

上記の5つが主な外壁塗装を考えるポイントになります。

 

一般的に築10年を過ぎると外壁塗装の時期に突入します。実際は、築年数は関係なく上記の現象が出ていたら本気で外壁塗装をする時期になっていると考えて下さい。

 

 

例えば、

  • 築年数が7年でも近くに森があり、鳥が木の実や糞を屋根や外壁に付着させた場合
  • 山から吹き降ろす風が強く、雨天時には他の家よりも雨あしを強く感じる家
  • 家の位置が盆地にあり、冬は気温が低く夏は気温が高い日差しがまともに当たる家
  • 豪雪地帯にあり、毎年4月まで雪が残る地域

 

このような環境の場合、築10年になる前になんらかの傷みが発生している場合があります。
築年数だけで判断するのではなく、外壁を確認して判断しましょう。

 

外壁を見れば業者に騙されにくくなる

 

工事を行う前に外壁を確認していると、どの部分にヒビが発生していて、どこの塗装が剥げているか把握できます。
写真を箇所ごとに撮影すれば、業者側も手を抜いた工事がしにくくなります。

 

 

工期を短くしたい業者は細かい面倒な客を煙たがりますが、自分の施工技術に自身を持っている業者は嫌な顔をしないはずです。
それが口コミとなり次の工事発注に繋がることを知っているからです。

 

 

外壁塗装を刷る前に確認するのは絶対にムダになりませんよ。

 

 

 

 

【ちょっと待って!本当にその塗装業者で大丈夫ですか?】


優良業者がわかるサービス


外壁塗装の費用が高すぎる!と思ったなら、工事依頼の前に他の業者から見積りを取って確認しましょう。特に訪問営業の業者が工事費用が高い傾向があります。

次のポイントに1つでも当てはまるなら、外壁塗装一括サービスを使ってみましょう。

  • 訪問業者が出した見積りが高すぎる。
  • 手抜き工事をされそうで怖い
  • 塗装業者の選び方がわからない
  • モニター価格で安くすると言われた
  • オリジナル塗料を使うと見積りに記載されていた
  • 数十万単位の値引きをすると言われた


利用料は無料ですし、連絡はスタッフさんからの電話1本のみです。

見積り依頼した業者からはかかってこないので忙しいあなたの時間が取られないのも魅力です。1分もかからず入力できるので、面倒臭くありません!


→ 優良業者がわかる外壁塗装サービス