外壁 塗り替え 張り替え

外壁の塗り替えと張り替えどちらがお得?

外壁の塗り替えと張り替え、どちらがお得になるのでしょうか?

 

これは本当に難しい問題です。
家の状況とメンテナンスサイクルに影響します。

 

シンプルに分けると下記の様になります。

 

塗り替え
塗り替えは外壁塗装工事の日程が短く済む。
その時に工事費用は安いが耐用年数が10年なのでメンテナンスサイクルが短くなり工事を3〜5回することになる。

 

張り替え
張替えは塗替えに比べて工期が長くなります。その分費用も高くなりますが、
耐久年数は15年〜20年弱となっており、メンテナンスサイクルが長くなり2〜3回になる。

 

 

結果としてどちらのメンテナンスサイクルを取るかになってしまいます。

 

技術力が必要なのはどっち?

 

塗替えと張り替えの工事では技術力が必要なのは、塗り替えの方になります。
これは間違いありません。

 

 

カンタンに言うと張り替えは、大量生産されたサイディングボードを貼りあわせていくだけです。
(そう言っても私達素人ではキレイに貼ることはできませんが)

 

 

モルタルの塗り壁は下地処理や塗装の配合量、塗膜の出し方など、些細なことで出来の善し悪しはもちろん耐用年数も決まってしまいます。
質の世い塗り壁を作るなら腕の良い業者に依頼しなくてはいけません。

 

 

塗り壁、張り替えのまとめ

 

家の個性を全面に打ち出した外壁塗装などを考えた場合は、塗り替えを。
メンテナンスサイクルを少なくしてコストを抑え、シンプルな外壁にするなら張り替えを選択した方が良いでしょう。

 

ひとつの目安として私の実家のお話しをしたいと思います。

 

 

私の実家は数年前サイディング工事(張り替え)をしました。
雪国なので少しでも耐用年数が長く細かいメンテナンスの少ないものをと両親が選択したのですね。

 

 

両親も体が動かなくなってくるので、家のメンテナンスどころではなくなってきます。

 

「若い頃は塗り壁で色を変えていたけど、今は家は丈夫で快適に住めればそれでいいよ」と言っていたのが印象的でした。

 

 

家の個性よりも快適な暮らしを求めるようになっているのです。

 

 

そう考えると家の見栄えを良くするのではなく、メンテナンス工事の回数を減らしてでも快適に住むために張り替え工事を選ぶのも手なのではないでしょうか?

 

 

30代、40代のうちは、見栄えの良い塗り壁を選択し、50代になったらメンテナンスサイクルが長く取れる張り替え工事を選ぶのがお得な方法と言えるでしょう。

 

 

【ちょっと待って!本当にその塗装業者で大丈夫ですか?】


優良業者がわかるサービス


外壁塗装の費用が高すぎる!と思ったなら、工事依頼の前に他の業者から見積りを取って確認しましょう。特に訪問営業の業者が工事費用が高い傾向があります。

次のポイントに1つでも当てはまるなら、外壁塗装一括サービスを使ってみましょう。

  • 訪問業者が出した見積りが高すぎる。
  • 手抜き工事をされそうで怖い
  • 塗装業者の選び方がわからない
  • モニター価格で安くすると言われた
  • オリジナル塗料を使うと見積りに記載されていた
  • 数十万単位の値引きをすると言われた


利用料は無料ですし、連絡はスタッフさんからの電話1本のみです。

見積り依頼した業者からはかかってこないので忙しいあなたの時間が取られないのも魅力です。1分もかからず入力できるので、面倒臭くありません!


→ 優良業者がわかる外壁塗装サービス