外壁塗装 築年数

どのくらいの築年数で外壁塗装をすれば良いの?

外壁が傷んでいるのは目でよく見ればある程度わかります。
でも、その傷みがよほど酷いものでない限り、塗装工事をしようとは思わないはずです。

 

 

この原因のひとつは、どのくらいの築年数で外壁塗装をすれば良いのか、ほとんどの人が知らないからなのですね。

 

 

外壁塗装をするべき時期を知らないので、ひびが入っていようと、壁が汚れていようとそのまま過ごしてしまうわけです。

 

外壁塗装の世界では築10年経過すると外壁塗装をした方が良いと言われています。

 

 

これは、ほとんどの場合10年前後で外壁や屋根に以上が発生するからです。
新築で建てた家でも15年は保たず、シーリングの剥がれや、サビ、外壁のひび割れなど傷みがかなり進んでいるのは間違いありません。

 

 

築8年を過ぎたあたりから外壁塗装と屋根塗装を真剣に考える必要があるのです。

 

 

家で一番傷みが激しいのは外壁と屋根

普段見ている居住空間の床や台所のシンクなどが傷つくので、そこに目が行きがちになりますが、一番傷みの進行が早いのが外壁と屋根なのです。

 

 

これは、日本の風土にも関係があります。四季があり高温多湿で雨や台風、夏は紫外線が強い気候です。梅雨があり、夏の日差しが強く、秋には台風が上陸し、冬には雪が降ります。

 

 

これだけの自然の力が外壁と屋根にかかるので、塗料が持っている防水性や防汚染性など効力がなくなってしまうのは当然と言えるでしょう。

 

 

傷みが進むと、防水性のなくなった壁はチョーキングや、ひび割れなどたくさんの弊害をもたらします。素人目に見ると特に問題ないように見えても、実際は壁の中に雨水が侵食し、壁や柱、家の躯体にカビが発生している可能性があります。

 

 

ひどい場合は壁が腐食し、外壁塗装どころではなく、大規模な改修工事になってしまうのです。

 

つまり10年を目処に外壁塗装を行うのがコストが掛からない平均的な年数になるのです。

 

 

もちろん、家の壁の構造や土地柄や立地条件によっても外壁の傷み具合は変わるので、一概に10年がベストとは言えません。築10年は基準値として覚えておき、10年に近づいてきたら塗装工事の準備をしておきましょう。

 

 

 

 

 

【ちょっと待って!本当にその塗装業者で大丈夫ですか?】


優良業者がわかるサービス


外壁塗装の費用が高すぎる!と思ったなら、工事依頼の前に他の業者から見積りを取って確認しましょう。特に訪問営業の業者が工事費用が高い傾向があります。

次のポイントに1つでも当てはまるなら、外壁塗装一括サービスを使ってみましょう。

  • 訪問業者が出した見積りが高すぎる。
  • 手抜き工事をされそうで怖い
  • 塗装業者の選び方がわからない
  • モニター価格で安くすると言われた
  • オリジナル塗料を使うと見積りに記載されていた
  • 数十万単位の値引きをすると言われた


利用料は無料ですし、連絡はスタッフさんからの電話1本のみです。

見積り依頼した業者からはかかってこないので忙しいあなたの時間が取られないのも魅力です。1分もかからず入力できるので、面倒臭くありません!


→ 優良業者がわかる外壁塗装サービス